×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  行政担当者 様

行政担当者 様

現在、

ジカ熱やデング熱の予防薬や治療薬は開発されていません


インフラ整備は、行政主導で実施されているわけですが

県内全体のグレーチング桝設置台数がどの程度あるのかと言う事を

しっかり確認される必要があると思います。


排水を優先させる為に、グレーチング桝の底には水が溜まり易い

状態が常にあります。




特に首都圏では、エアコンから流れ出る水が排水溝を伝って流れ着き

雨水桝の中は常時水が溜まっている状態がキープされてしまい

天敵もいない蚊にとってグレーチング桝の中はまさに天国と化

している事でしょう。




もしこのまま放置状態で、デング熱などに感染し、あっと言う間に

感染が拡散してしまい運悪く亡くなる患者さんが出てしまうと、

当然責任問題として追求される可能性は十分にあります。



現実として、弊社が販売しております、各メーカー様用の雨水桝蓋

に入る蚊シャットくんについて、

お客様からは、何で雨水桝の製造販売メーカーはボウフラが発生す

る状態を理解していながら、蚊対策としての対応を取らないんだ?

と聞かれる事が非常に多いです。


つまり、何か発生した場合は、当然責任問題に発展する可能性は

十分にあると言う事なのです。





弊社がご提案するシステムは、あくまでも許認可制により各自治体

によるサイズ測定、数量確認、設置、管理運用の全てを委託する

事で、行政側の手数を排除致します。 




その代わりに、製作費の負担を行政にて負うと言う事になります。

 

 
 

 行政側に県内にあるグレーチング桝の全てを運用管理する事が

出来るのでしょうか。

もう、それ程時間は無いのではないかと想像いたします。



 

行政担当者様 / 各自治体担当者様 へのご提案